夢のために|整体師の資格は学校で取得を目指そう|未知の世界へようこそ
男性

整体師の資格は学校で取得を目指そう|未知の世界へようこそ

夢のために

ナース

面接時に考慮すべき

看護学校の試験は、大学や専門学校によって内容が変わります。しかし、大抵の看護学校では筆記試験(英数国などの基本と常識問題)・論文・面接があります。特に面接を設けている看護学校は多く、かなりの割合を占めるところが多いです。内容は様々ですが、面接で聞かれることの多くは『なぜ看護師になりたいと思ったのか・どうしてこの看護学校を選んだのか・学生時代に頑張ったこと・大変な時にどのように乗り越えるか・自己アピール』などです。特に最初の二つは聞かれることが多いです。面接で面接官が求めているのは、とっさの対応ができること・笑顔で会話ができること・どれだけ看護師になりたいかの気持ちを知ることです。どの学校や予備校でも、面接練習を設けているところが多いので利用してみると良いでしょう。

何を重点的に話すか

看護学校の面接で聞かれることは上記しましたが、面接官はどのようなことを本当に知りたいのでしょうか。まず看護師になりたい理由は、どれだけ看護師への考えがあるかです。そして看護学校を選んだ理由は、数ある看護学校の中でどうして自校を選んだのか。特化している部分があれば、それを伝えることでこの学校への気持ちが伝わります。また、大変な時にどのように乗り越えるかは、看護学生は実習が一年以上続きます。記録や看護師・教員・患者とのふれあいで大変なことが沢山あります。それをどのように乗り越えるかをこたえられるかが重要になります。また、看護師はコミュニケーションが基本になります。病気で不安な患者の心を癒すためにも、笑顔で、話しやすい雰囲気を持つことは大切なのです。